会社設立の相談と代行サービスの依頼は? - かんたん!会社設立代行

かんたん!会社設立代行 > 会社設立の相談と代行サービス

会社設立の相談と代行サービスの依頼は?

会社設立に関して様々な疑問や迷いは生じるもので、その際に専門家に相談するかしないかは、成功と失敗を左右する大きな分かれ道になる可能性も考えられます。
本当に会社設立した方が良いのか個人事業にするべきか、法人形態は、設立に際する本店・商号・目的・役員・株主などはどうすれば良いのかなど、いろいろと分からないことも多いものです。
また、会社設立後の手続きなどにはどのようなものがあるのか、会社設立後の借入はなど、会社設立した後の問題も少なくありません。
単純に会社設立手続きだけならある程度勉強すれば自分でも実施することは可能ですが、先に触れたことなど様々な疑問や悩みについては、後悔しないためにも専門家に相談して解消する必要があります。

では具体的な相談先としては、どのようなところが考えられるのかというと、会社設立代行サービスを提供している司法書士事務所・行政書士事務所・税理士事務所などがあります。
ほとんどの事務所で無料相談を実施しているので、代行サービスの利用と共にまずは無料相談で会社設立の疑問や悩みを解消するのも良いです。
ただ、法律において代理人として法務局に会社設立の登記申請ができるのは、司法書士だけに認められている業務というのを知っておく必要があります。
行政書士事務所や税理士事務所などでも代行サービスはしていますが、これらの事務所に依頼した場合には、法務局への登記申請は自分で行うことになります。

それから司法書士なら会社設立後も様々な相談ができます。
実は、役員変更・本店の移転・目的の追加・資本金増額など、将来様々な登記申請が必要になることや法律が関係する問題が発生する可能性も少なくないのです。
司法書士は、そうしたことに対して相談や登記申請・書類作成などができる士業で、将来的にも気軽に相談できるので安心です。

一方税理士事務所は、代行サービスと顧問契約がセットになっているケースが多いです。
将来的に税務関係を依頼したいと考えているのなら、税理士事務所に相談したり代行を依頼したりするのもひとつの手段としてあります。