メリットとデメリットを比較して会社設立の代行依頼先を選択する - かんたん!会社設立代行

かんたん!会社設立代行 > メリットとデメリットを比較

メリットとデメリットを比較して会社設立の代行依頼先を選択する

会社設立の書類作成や申請を代行業者に依頼することで、負担を大きく軽減できるメリットがあります。
ただ会社設立代行サービスを行っているのは、司法書士事務所・行政書士事務所・税理士事務所・会計事務所など様々あります。
それぞれの代行サービスにはメリットとデメリットが存在するので、それを知っておくと自社に適したサービスを選択する際の参考になります。

司法書士事務所に会社設立の代行を委託することのメリットは、会社設立の登記書類作成と代理申請など全てを委託できるのは唯一司法書士という点です。
また、全体的にかかる費用が安いとか、許認可の申請がスムーズに行えるなどもメリットとしてあります。
それから会計業務とセットになっていないので、好きな税理士や会計事務所を選択することができます。
一方デメリットとしては、税務の知識がない場合が多いため、税金に関する具体的なアドバイスが受けられない点があります。
資本金の金額や役員報酬の金額などを決定する場合には、どうしても税金の観点から確認することも多いのでデメリットになってしまいます。
それから単に登記手続きだけをひたすら行う司法書士も少なくないというのもデメリットとして考えられます。

税理士事務所に会社設立の代行を委託することのメリットは、税務相談をしながら設立を進められる、税金の観点から設立の決定事項を決められる、会社設立後の会計処理も依頼することが可能などがあります。
また、司法書士や社労士などと連携しているところも少なくないので、ワンストップで対応してくれるというのもメリットになります。
一方デメリットとしては、会社設立後の税理士顧問契約がセットになっていることが多いので、会計処理のコストがかさむ可能性が考えられる点です。
また、税理士顧問契約がセットになっているため設立後も付き合っていくことを考えると、万が一相性が合わない場合には最悪になることもデメリットになります。

その他にも会社設立代行サービスを運営する企業や事務所があって、それぞれにメリットとデメリットが存在します。
メリットとデメリットをひとつの目安にして依頼先を検討するのもひとつの方法です。