会社設立と補助金サポートを代行業者に依頼する - かんたん!会社設立代行

かんたん!会社設立代行 > 会社設立と補助金サポート

会社設立と補助金サポートを代行業者に依頼する

会社設立するとなれば書類の作成や申請など、手間がかかって大変なことが多いので、専門家に代行をお願いすることも検討すると良いです。
ただ最もリスクが高くなるのは起業直後の経営で、その時に国が用意する各種補助金制度を活用し成功確率をアップさせることも考えなくてはなりません。
補助金制度を知らなかったために後悔してしまうケースもあるので、会社設立時にはその点も代行業者に相談することをおすすめします。

会社設立時などに活用できる補助金には、経済産業省所管と厚生労働省所管の2つに大きく分類することができます。
経済産業省所管のものは、主に新技術や新製品の研究・開発やIT事業などの専門分野を対象にしているので、当然審査も厳しく必ず受給できる保証はありません。
一方厚生労働省所管の物は、創業後に従業員を雇用し雇用保険に加入することが前提条件となっていますが、指定の条件さえクリアすれば必ず受給できます。

会社設立後に従業員を雇用する予定があるのなら、厚生労働省所管の補助金を覚えておくと役立ちます。
その中でも代表的なものとしては、中小企業基盤人材確保助成金・受給資格者創業支援助成金・高年齢者等共同就業機会創出助成金があります。
どれも受給するための要件や手続きは大変厳しいですが、会社設立される方にとっては見逃せない制度と考えられます。

また補助金制度を活用するために大きなポイントになるのがタイミングです。
受給要件として会社設立前に届け出が必要なものや、従業員を雇用する前に届け出が必要なものがあって、そのタイミングを逃してしまうと受け取れない可能性があります。

そうしたことを回避するためには、会社設立と同時に補助金の相談・申請手続きを実施する代行業者の利用を考える必要があります。
会社設立と補助金サポートプランをセットで提供しているケースも少なくないので考えてみると良いです。
ちなみに、代行業者によっては一般の採択率よりも高い採択率をピーアールしているところもあります。