会社設立の手続きの代行を専門家に依頼するのなら - かんたん!会社設立代行

かんたん!会社設立代行 > 代行を専門家に依頼するのなら

会社設立の手続きの代行を専門家に依頼するのなら

会社設立するために必要となる書類さえ準備できれば、登記は法務局に書類を提出するだけなので、会社設立手続きは難しいものではありません。
また、万が一不明な点や間違いがあったとしても法務局の窓口で確認や質問すれば教えてくれるので、時間に余裕がある場合は自分で済ませられるのです。
ただし専門家による代行を依頼した方が、自分で会社設立の手続きを実施するよりも報酬を含む費用が安く済む可能性がありますし、他の仕事に時間を費やすことができるといったメリットがあるのです。

では会社設立の代行ができる専門家には、どのような士業があるのかというと、行政書士・税理士・司法書士などが該当します。
ただ専門家と一口に言っても、所有する資格で代行できる業務内容と報酬に違いがありますし、会社設立に必要な登記手続きの代行は司法書士の独占業務なので、すべてを代行できるのは司法書士だけなのです。
しかし実際は会社設立の支援を実施している税理士や行政書士もいて、会社設立に関する相談や書類作成の代行をしています。
この点に関しては規制がないので問題ないのですが、先にも触れたように登記手続きの代行は司法書士の独占業務なので、登記手続きに関しては依頼者が法務局に行ってやることになります。

会社設立の代行を専門家に依頼した場合の報酬の違いはどうなのかと言うと、一般的な相場は司法書士で5万~10万円程度、行政書士で1万~5万円程度、税理士で0円~4万円程度となります。
ただ税理士に依頼すると税務顧問がセットになっているケースが多く、顧問契約の金額まで考慮すると一般的な相場は顧問料1年分込みで20万~30万円程度となります。
その為、司法書士や行政書士に依頼するよりも割高になってしまうことを理解しておく必要があります。
いずれにしても会社設立の代行を専門家に依頼する場合には、どの程度の対応を期待するのかなどを費用を含めて考えて依頼先を検討する必要があります。