会社設立,運転資金

余裕が必要!会社設立のための運転資金について - かんたん!会社設立代行

かんたん!会社設立代行 > 会社設立のための運転資金について

余裕が必要!会社設立のための運転資金について

image

会社設立をする時には、会社の体力そのものともいえる運転資金について、考えておかないといけません。
会社は設立したばかりの時が一番、財政面で大変になることが多いので、運転資金は、多ければ多いほどいいでしょう。
今回は、そんな会社設立と運転資金についての豆知識を紹介したいと思います。

まず、本格的に会社設立の届け出をする前に考えることは、最初の赤字がどの程度出るのかについて想定しておくことかと思われます。
漠然と儲かるであろうと考えてしまうと、大きく試算が狂ってしまうでしょう。
最初は、赤字が続くことを想定しておいた方がいいです。

それを想定した上で資本金を決めなければなりません。最初の資本金の目安は、初期費用に3ヶ月分の運転資金を加えた金額が、必要最低限度の目安と言われております。
できればもっと運転資金を準備しておいた方が、安心して営業ができるでしょう。

ある程度地固めができているビジネスであればすぐに軌道に乗せられますが、これから新規開拓をしていく場合だと、軌道に乗るまでかなり時間がかかってしまいます。
その場合は、可能な限り運転資金を積んでおいた方が無難です。
十分な運転資金が用意できない場合は、法人化はやめておいた方がいいでしょう。

株式会社自体は1円の資本金から設立することができますが、営業を継続していくのに掛かるお金は、また別の話です。
それを踏まえた上で、運転資金を準備していきましょう。

資本金を準備する上での注意点は、一度資本金として預け入れたお金は個人のものとして使うことができないということを知っておかないといけません。
万が一勝手に使うと横領ということになってしまいますので注意が必要です。
ただし、会社の資本金に個人の資産を追加で加えるのは、会計上不利にはなりませんので、最初は少なめの資本金を積んでおき、個人としてお金を保有しておくというやり方も手段のひとつでしょう。

資本金を大きくすれば、その会社には体力があるということになりますので、対外的な信用度は高くなります。
経営者は、この資本金が底をつかないように、早い段階でビジネスを軌道に乗せる必要があります。

理想的な法人会社設立の時期は、個人事業主としてある程度の実績を上げて、顧客を抱えたまま法人成りをしていくのが一番良いタイミングです。
集客の見込みがあるのとないのとでは全然違いますので、まずは自身のビジネスを見直してみて法人成りをすべきかどうかを、しっかりと確認してみると良いでしょう。