会社設立の代行とはどのようなものなのか? - かんたん!会社設立代行

かんたん!会社設立代行 > 会社設立の代行とは

会社設立の代行とはどのようなものなのか?

会社設立においては耳慣れない難しい書類を用意したり、役員配置を決定する機関設計や株主構成など様々なことを決めておく必要があったりと難しく面倒な点も数多くあります。
その為、会社設立の手続きを自分で実施するべきか、代行業者に依頼するべきか悩むことも少なくありません。
ちなみに会社設立の代行業者とは、会社設立に必要となる準備段階のアドバイスから必要な書類・手続きの段取りまでトータルでサポートしてくれるところです。

会社設立の相談先として、司法書士事務所・行政書士事務所・税理士事務所・公認会計士事務所があります。
ただ会社設立に関係する代行を実施できるのは司法書士事務所と行政書士事務所なので、会社設立の代行業者とは、この2つの事務所と考えることができます。
税理士事務所でも会社設立のサポートを実施しているケースもありますが、会社設立後に顧問になることが条件でサービスを提供していることが多いです。

では会社設立の代行とは、具体的にどのようなサービスを実施しているのかというと、先にも触れましたが準備段階における様々なアドバイスをしてくれます。
これによりスムーズに登記申請に向けた準備がスムーズに実施できます。
法務局で類似商号や事業目的の確認調査をしてくれますし、定款の作成のサポートもしてくれます。
また公証役場で定款の認証手続や金融機関へ資本金の払い込みといったこともサポートしてくれます。
それから、役員就任承諾書の作成・本店所在地決議書の作成・代表取締役決定書の作成・払込証明書の作成・資本金の証明書の作成・登記申請書の作成・会社データの作成・印鑑届書の作成などもしてくれます。
法務局にて登記申請や登記完了日に登記簿謄本の取得に関しても実施してくれます。

ただし、これらに関してはあくまでも一般的な内容であって、代行の依頼先で異なることもあります。
会社設立の代行とはどのようなものなのか、どのような依頼先があるのかなどを理解して、代行という方法も選択肢として検討してみるのも良いです。